FANDOM


マーサ・ルイス・ハドソンことハドソン夫人は、ベーカー街221Bのアパートのオーナー。彼女のアパートに間借りしているシャーロックジョンの関わる事件やトラブルに巻き込まれながらも、おおらかに彼らの面倒を見ている。

性格編集

とても几帳面な性格で、シャーロックとジョンの荒れた部屋には手を焼いている。か弱そうに見える一方で「ベルグレービアの醜聞」では強盗に押し入ったアメリカ人に襲われつつも泣くふりをしながら、シャーロックから頼まれて隠していたアイリーン・アドラーの携帯電話を懐に入れ守り抜くというたくましい一面も見せている。

経歴編集

元夫が二人を殺し死刑になっている。彼を裁く助けになったのがシャーロック・ホームズであった。本人は勢いでしてしまった結婚だと「三の兆候」で述べている。元夫が麻薬カルテルの一員であることを知らず、結婚後はフロリダに移住していた。彼が逮捕されたときには正直ほっとしたと述べている。

人間関係編集

シャーロックとジョンからは全幅の信頼を寄せられている。特にシャーロックからは「ハドソンさんがベイカー街を去れば、イングランドは滅亡だ。」と称されるほどである。

俳優編集

ユーナ・スタッブス。女優であり、元ダンサー。過去に二度離婚しており、元夫は二人とも俳優でピーター・ギルモアとニッキー・ヘンソンである。代表作としてはシットコム『Till Death Us Do Apart』のリサ、”Worzel Gummidge"のサリーおばさんが挙げられる。

声優編集

谷 育子。日本の女優、声優、ナレーター。マウスプロモーション所属。声優としてはマギー・スミスの吹き替えとして『ハリー・ポッター・シリーズ』のミネルバ・マクゴナガルなど数々の作品に出演している。アニメ作品においては『楽しいムーミン一家』のムーミンママ、さらには『NARUTO-ナルト-疾風伝』のチヨバア、『リロ&スティッチ』の議長などが挙げられる。

登場エピソード編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki