FANDOM


退屈な日々に突如現れた依頼者ヘンリー・ナイト。彼は「巨大な’ハウンド’を見た。」と言う。20年前に消えた死体、巨大なハウンドに隠された謎とは。

ヘンリーの夢編集

ヘンリーは父親が殺された日のことを話し始める。20年前、デュワーズホローという窪地で父親は大きくて毛が墨のように黒く目が赤い怪物に殺されたとヘンリーはいう。
そして昨晩、巨大な’ハウンド’の足跡をみたとヘンリーは言った。

窪地で見たもの編集

窪地でシャーロックとヘンリーはハウンドを目撃する。いつもは冷静なシャーロックが恐怖のあまり平静を失う。
しかしジョンは一人だけはハウンドの姿を見ていない。

レストランの店員の証言編集

ベジタリアンの料理を提供しているレストランにもかかわらず肉の発注があることにジョンは気づく。レストレード警部が問い詰めると店主はハウンドの伝説にあやかり、犬を飼っていたことを明かす。しかし犬は一ヶ月前に処分したと店主は述べる。

H.O.U.N.Dの意味編集

シャーロックは’精神の宮殿’にてリバティー(Liverty)、イン(In)、そしてH.O.U.N.Dに込められた意味をたどる。
たどり着いたのはプロジェクト・ハウンド。インディアナ州リヴァティでCIAが行った計画を指し示すとシャーロックは考える。

20年前ヘンリーが見たもの編集

ヘンリーは20年前、父親を殺したのは巨大な犬、ハウンドだと思っていた。しかしそれは少年だったヘンリーが事実を受け止めきれず記憶を差し替えたものだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki