FANDOM


ワトソンのブログによってシャーロックの活躍は人々に知れ渡ることとなった。数々の事件を解決する中、マイクロフトの友人の依頼から事件は始まる。

’あの女’の家編集

写真を奪うため二人はアイリーンの家に向かう。彼女はシャーロックを試すため何も身に着けずに現れる。

ハイカーはなぜ死んだのか編集

スポーツマンだったハイカーはなぜ死んだのか。シャーロックは他殺ではないことが明らかだと述べる。

アイリーンからの贈り物編集

クリスマスにシャーロックのもとにアイリーンから写真のデータが保存されているスマートフォンが贈られる。彼女がお守りを手放したことから彼女の死体が見つかることを予見する。案の定、顔がつぶされた、彼女とみられる死体が見つかる。

襲われたハドソン夫人編集

アイリーンのスマートフォンを狙ってアメリカ人がシャーロックの家に現れる。スマートフォンを探すためアメリカ人はハドソン夫人を襲った。

依頼人アイリーン・アドラー編集

シャーロックの家にアイリーンが現れる。狙われているからかくまってほしいと告げた彼女から見せられたのは一通のメールだった。

ボンド・エアーの謎編集

マイクロフトの使いがシャーロックの前に現れる。手渡されたのは例の’ボンド・エアー’の搭乗券だった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki