FANDOM


数々の事件を解決し、テレビに新聞とメディアに取り上げられるシャーロック。そんなある日、モリアーティは逮捕され、拘束される。

モリアーティからの’最後の事件’編集

無罪を勝ち取ったモリアーティシャーロックの部屋に現れる。「最後の問題は何か。」「借りは返す。(IOU)」と言い残し、モリアーティは帰っていった。

イギリス大使の子供の誘拐編集

イギリス大使の子供、マックスとクローデットが誘拐され、そこにはアマニ油で残された足跡が。

モリアーティからのメッセージ編集

乗り込んだタクシーでモリアーティ からメッセージを受け取ったシャーロック

リチャード・ブルックと名乗る男編集

キティ・ライリーの家で見せられたシャーロックの記事。

マイクロフトとモリアーティ編集

シャーロックの記事には反省が交えられていた。ジョンは自分以外に情報を知りえるのはマイクロフトだと問い詰める。

モリアーティの最後編集

病院の上で対峙するシャーロックモリアーティモリアーティシャーロックが飛び降りなければ3人の殺し屋がジョンハドソン夫人レストレード警部が代わりに殺されるという。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki