FANDOM


BBC制作海外ドラマ「SHERLOCK」のシーズン1の第3話。

あらすじ編集

シャーロックは興味をそそる難解な事件が起こらず、退屈しきっていた。シャーロックとワトソンは喧嘩してしまい、ワトソンは外に出て行ってしまう。その後、221Bのアパートの前で爆発が起こる。ワトソンは恋人のサラの家に泊まっていたが、爆発事件のニュースを見て、221Bのアパートに向かう。シャーロックは無事で、兄マイクロフトと一緒にいた。シャーロックは爆発はガス管の事故だとワトソンに説明する。 マイクロフトはアンドリュー・ウェストという公務員が死んだ話を始める。ウェストは国家機密であるブルースパーティントンというミサイル防衛システムの設計図を盗んでいたのだ。マイクロフトはシャーロックに設計図の奪還を依頼するが、シャーロックは断ってしまう。

レストレード警部はアパートの爆破事件現場でシャーロック宛ての封筒を見つける。封筒の中には携帯電話が入っていた。携帯電話には部屋の写真とともにシャーロックはこれが警告で、次も爆発が起こると考える。写真の部屋は221Bのアパートの地下室だった。シャーロックは地下室で靴を見つける。その時、携帯電話が鳴ると、怯えた女性の声で12時間以内に謎を解けと、シャーロックは言われるのだった。

シャーロックはセント・バーソロミュー病院で靴を調べる。そこにモリーが現れ、彼女は付き合っている男性ジムをシャーロックに紹介する。シャーロックはジムがゲイだと言って、彼女を怒らせてしまう。シャーロックは靴の調査を終えると、靴の持ち主がカール・パワーズだと気づく。1989年に水泳選手だったカールがプールで事故死したが、靴が無くなっていることから事件性があるとシャーロックが指摘していたのだった。

ワトソンはマイクロフトからウェストの情報を聞き出す。ウェストの死体は駅で見つかったが、切符は持っておらず、電車には乗っていなかった。

シャーロックは靴紐からボツリヌス菌を検出し、カールが毒殺されていたと謎を解く。すると、携帯電話が鳴り、人実の女性の居所が知らされ、爆弾を巻き付けられていた彼女は救助される。

続いて携帯電話に、今度は8時間で謎を解けと放置車両の画像が届く。警察が放置車両を見つける。車はレンタカーで、借主は銀行家のイアン・モンクフォード。車の中には彼の血があったが、死体はなかった。シャーロックはレンタカー会社の社長と会うが、彼がウソをついていると気づく。シャーロックは車の中の血を検査することで、事前にイアンが保存していた血だと分かる。血はレンタカー会社の社長がまいていた。レンタカー会社が逃し屋で、イアンが金銭トラブルで死んだことにして、保険金を受け取る算段だったのだ。シャーロックが謎を解くことで、人実は救助される。

さらに携帯電話に12時間で謎を解けと、突然死したTV司会者のコニー・プリンスの写真が届く。シャーロックはモルグでコニーの死体を調べる。シャーロックは、死因の破傷風菌が死んだ後に体につけられたものだと調べ上げる。シャーロックはコニーの使用人ラウルがボツリヌス菌で殺したと、すぐに推理していたが、12時間の猶予を利用して爆弾魔の調査を続けていた。しかし、電話をかけてきた人質が犯人の話をしようとしたため、爆弾が爆発してしまう。

そして、新たな謎としてテムズ川の写真が携帯電話に届く。警察はテムズ川のほとりで男の死体を見つける。シャーロックは死体を調べ、ゴーレムという殺し屋オスカー・ズンザの殺しの手口で、フェルメールの絵が贋作だと突然言い出す。シャーロックは死体の男はフェルメールの絵を飾る画廊の警備員のアレックスで、絵が贋作と知ってことで殺されたと推理する。

シャーロックは情報屋からゴーレムの居場所を突き止めるが、ゴーレムに逃げられてしまう。そして、ゴーレムはアレックスに絵が贋作だと伝えたケアンズ教授殺してしまう。シャーロックたちが画廊に集まる。すると爆弾魔の携帯電話が鳴り、今度は子供が人質となっていた。シャーロックはなんとか絵が贋作だと証明し、子供を救い出す。画廊のオーナーであるウェンセスラスは贋作の扱い方をモリアーティから教示されていたのだった。

シャーロックとワトソンは、ウェストの事件を調査し始める。2人はウェストの婚約者ルーシーの兄ジョーの家に押し入る。ウェストからミサイル防衛システムの話を聞いたジョーが設計図を盗んでいたのだった。ウェストとジョーは口論となり、事故でウェストは死んでしまう。ジョーは自分の家の横に電車が止まることから、電車の屋根に死体を載せて、遠くに運ばせていたのだった。

事件は解決したが、シャーロックはパソコンに、モリアーティに向けて設計図を渡すためにカールが死んだプールに来るようにとメッセージを打ち込む。真夜中のプール。シャーロックは爆弾事件が設計図の事件から彼を遠ざける企みで、モリアーティに出てくるように叫ぶ。だが、そこに現れたのは爆弾を身に着けたワトソンだった。そして、現れるジム・モリアーティ。彼はシャーロックに以前出会っていたモリーの恋人ジムだったのだ。

このエピソードに登場する人物編集

このエピソードの考察編集

大いなるゲーム<考察>を参照。

このエピソードの原案編集

  • 『ブルースパーティントン設計書』"The Adventure of the Bruce-Partington Plans"(1908年)

このエピソードに登場する場所編集

このエピソードに出てくる場所。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki