FANDOM


チャールズ・アウグストゥス・マグヌセンとは一体何者なのか。CAMニュース社のオーナーでありながらどうやって人を操っているのか。

麻薬窟で見つかったシャーロック編集

シャーロックの彼女編集

マグヌセンという男編集

スモールウッド議員から受けた依頼は夫の過去の手紙をマグヌセンから取り戻すこと。彼のことをサメのような男とシャーロックは述べている。表向きはただの新聞社のオーナーだが、富と権力を使って情報を集め、社会で影響力のある人物の弱みを握り操る、恐喝の王とも呼ばれている。彼の住む屋敷は「アップル・ドア」と呼ばれ、情報の宝庫となっているとシャーロックはみている。

オフィスの先客編集

マグヌセンのオフィスに議員の手紙を取りに向かう二人。最上階のペントハウスにある彼のオフィスに通じるエレベエーターは一つで彼のカードキーでしか動かすことはできない。