FANDOM


2年間自殺したと思われていたシャーロックが戻ってきた。ジョンメアリーと付き合ったりと徐々に前に進み始めていた。

マイクロフトからの依頼編集

マイクロフト・ホームズシャーロックにロンドンの地下組織によるテロを未然に防ぐことを依頼する。

白骨死体の謎編集

レストレード警部に連れられてメアリーと向かった現場には服を着た白骨死体が見つかる。

消えた客編集

シャーロックモリーとともに帽子を忘れた依頼人を訪ねた。依頼人のシルコットは地下鉄のディストリクト線の監視カメラの映像を見て消す仕事をしていた。ウエストミンスター駅とセント・ジェームズ・パーク駅の間で一人の男性客は消え、運転手もその日以来仕事に出ていない。
その男性客こそモラン卿だった。

炎の中のジョン編集

メアリーに送られてきた一通のメール。
ジョンを狙ったのは誰だったのか。

モラン卿の計画編集

シャーロックが着目する人物の一人、モラン卿が再び動き始める。会議事堂の爆破計画を導き出した。マイクロフトの諜報員が命を落としてまで手に入れた「ロンドンの地下組織のテロ」は「ロンドンの地下での組織テロ」だったのだ。シャーロックジョンは爆弾を探しに向かう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki